指導者紹介

指導者紹介


  • 髙谷光信(指揮者・音楽監督)

    • 髙谷光信

      京都市立堀川高等学校音楽科(現・京都堀川音楽高等学校)を経て大阪音楽大学音楽学部器楽学科卒業、キエフ国立チャイコフスキー音楽院指揮科首席卒業。また国家演奏家資格、ディプロマを最優秀の成績で取得。
      指揮を小松一彦、伊吹新一、田中良和、藏野雅彦、辻井清幸、V.プラソロフ、E.ドゥーシェンコ、N.スーカッチ、に師事する。

      2003年、キエフ国立チャイコフスキー音楽院卒業時、ウクライナ・チェルニーゴフフィルハーモニー交響楽団に客演指揮者として招かれ、ウクライナにてプロデビューを果たす。
      首席客演指揮者(2003~2006)第2指揮者(2006~2012)常任指揮者(2012.7~)
      現在も定期演奏会や各国の音楽祭、マスターコースなどで共演を続けている。

      同楽団の招致により『ホロヴィッツ国際ピアノマスタークラス』『シベリア国際音楽祭』『ウクライナ国際音楽祭・キエフ夏の音楽の夕べ』またウクライナを代表する国際音楽祭である『バルトケーヴィッチ国際音楽祭』などに出演し、「高い音楽性でソリストを支え音楽祭を成功に導いた。」(Kiev Post)と高く評される。
      また2010年より『ウクライナ国際マスタークラス指揮・バイオリン・ピアノ部門』の講師・審査員・指揮者を務め、世界中の若きソリストと共演する模様は全国放送されている。

      現在までに東京混声合唱団、Osaka Shion Wind Orchestra(旧 大阪市音楽団)、大阪市音楽団、大阪交響楽団、兵庫芸術センター管弦楽団、セントラル愛知交響楽団、テレマン室内オーケストラ、瀬戸フィルハーモニー交響楽団、東京室内オーケストラ、愛知室内オーケストラ、エウフォニカ管弦楽団、神戸市室内合奏団、ナゴヤディレクターズバンド、ブラスパラダイス大阪、キエフ音楽院管弦楽団など、数多くのオーケストラ、吹奏楽団、合唱団を指揮。《題名のない音楽会》(Osaka Shion Wind Orchestra2015年11月23日放送)にTV出演。

      ヴァイオリニストのE・ケシャーエバ、豊嶋泰嗣、沼田園子、ピアニストの近藤嘉宏、江口玲、塩見亮、崔理英、池本三太、A・イエーメッツ、D・オニシチェンコ、テノール歌手の秋川雅史、田原祥一郎、松本薫平、竹内直紀、小餅谷哲男、バリトン田中勉、ウズベキスタン音楽集団『SHOD』など国内外の著名な演奏家と多数共演。

      歌劇においては「フィガロの結婚」「ドン・ジョヴァンニ」「ヘンゼルとグレーテル」「ラ・ボエーム」「こうもり」「カルメン」「弁慶・八岐の大蛇・箱入り女房」を指揮。

      名古屋芸術大学音楽学部、武庫川女子大学音楽学部、京都市立芸術大学音楽学部音楽教育研究会、各非常勤講師。

      みやこオペラ京都合唱団代表。第16回京都芸術祭京都市長賞受賞。2012年7月ウクライナチェルニーゴフ州文化功労賞受賞。

      現在ウクライナ・チェルニーゴフフィルハーモニー交響楽団常任指揮者。

      オフィシャルホームページ http://m-takaya.com/

      (2016年11月現在)

      ページのトップへ


  • 八田亜哉香(ソプラノ・ヴォイストレーナー)

    • 八田亜哉香

      京都市出身。
      4歳より、ピアノ、クラシックバレエ(望月則彦バレエスタジオ)のレッスンを始める。
      12歳より故 灘井誠氏に声楽を学ぶ。
      京都市立堀川高等学校音楽科(現・京都市 立京都堀川音楽高等学校)卒業。

      京都市立芸術大学音楽学部声楽専修 卒業。
      在学中、劇団四季劇場開場記念オーディションに合格し、卒業後「劇団四季」に入団。
      その年に「人間になりたがった猫」でデビュー。
      「マンマ・ミーア!」日本初演オリジナルキャスト。アリ役等
      「美女と野獣」バベット役等
      「コーラスライン」ジュディ役、ヴァル役
      「オペラ座の怪人」「ライオンキング」等にも出演 2007年退団現在

      劇団四季指定校「ミュージカルプロ養成スクール Dance of HEARTS」講師。

      「EXPG(EXILE PROFESSIONAL GYM)大阪校」ヴォーカル講師。

      また学校公演や、寺院・ホテル・レストラン等でもコンサートやライブ活動を行っている。

  • 瀧山久志(バリトン・ヴォイストレーナー)

    • 瀧山久志

      大阪芸術大学音楽学科卒業。在学中より学内外の演奏会やオペラ公演に出演。卒業後、関西を中心に活動。

      関西歌劇団をはじめ、数々の市民オペラや有志ミュージカルの公演に おいて主要な役を演唱し研鑽を積む。

      これまでに『外套』ミケーレ
      『ファルスタッフ』フォード
      『椿姫』ジェルモン
      『カルメン』エスカミーリョ、スニガ
      『カヴァレリア・ルスティカー ナ』アルフィオ
      『こうもり』フランク
      『リゴレット』スパラフチーレ
      『フィガロの結婚』伯爵、フィガロ、バルトロ役をつとめる。

      『第九』や『戴冠ミサ』等のソリス トもつとめ、劇団四季での舞台経験も持つ。

      また、ヴォイストレーナーとして、日本各地の小・中学校、合唱団の発声指導にもあたっている。

      声楽を有冨美子、冨岡順一郎、村井幹子各氏に師事。

  • 山岡紀美子(メゾソプラノ・ヴォイストレーナー)
    • 山岡紀美子

      同志社女子大学学芸学部音楽科演奏専攻声楽コース卒業
      同志社女子大学会≪頌啓会≫特別専修生修了
      卒業後ロータリー財団国際親善奨学金を得て、ドイツ・オーストリアに留学
      ドイツ、フライブルグにて教会歌手として活動。
      オペラでは「うかれのひょう六機織唱」おぬい役、「あまんじゃくとうりこひめ」あまんじゃく「フィガロの結婚」マルチェリーナ、ケルビーノ「コジファントゥッテ」ドラベッラ「カルメン」カルメン「こうもり」オルロフスキー役他。
      長江杯国際音楽コンクール 第1位他
      カノン音楽院学院長
      相愛大学、園田女子大学、大阪城南女子短期大学、大阪信愛女学院短期大学を経て現在京都保育福祉専門学院専任講師
      特定非営利活動法人リトミック研究センター 研究室研究員及びリトミック研究センターディプロマA取得コース常勤講師
      京都音楽家クラブ、日本シューベルト協会、日本演奏連盟会員

      ページのトップへ


  • 池本三太(ピアノ) 

    • 池本三太

      大阪芸術大学大学院博士課程[前期]修了。

      第6回フンメル国際ピアノコンクール第3位入賞(日本人として2人目の入賞) 。
      第11回プラハサマーアカデミーにて最優秀賞を受賞。
      第2回ウクライナサマーアカデミー・チェルニーゴフフィルハーモニー交響楽団コンチェルトマスタークラスを修了。
      ウクライナ国家芸術家であるN.スーカッチ氏指揮により同楽団と協演。
      スロヴァキアにてR.ストゥール氏指揮、スロヴァキアフィルハーモニー管弦楽団と協演。

      ウクライナにて髙谷光信氏指揮、ウクライナ・チェルニーゴフフィルハーモニー交響楽団の定期演奏会にソリストとして招聘され協演する。
      その公演は高い評価を受け、2012年の同楽団の定期演奏会に再び招聘され、キエフとチェルニーゴフの2都市公演での協演が決まっている。

      モーツァルト記念館ベルトラムカ(プラハ)に招かれリサイタルを開催。

      現在演奏活動と共に、京都橘大学にて後進の指導にもあたっている。

      日本クラシック音楽コンクール審査員
      (社)日本演奏連盟正会員。


  • 本多千紘(ピアノ) 

    • 本多千紘

      大阪音楽大学器楽学科ピアノ専攻卒業。同大学大学院ピアノソロ研究室修了。同大学、および同大学短期大学部に非常勤教育助手として勤める。

      関西を中心に多くの演奏活動を行い、テレマン室内管弦楽団、オーケストラソノリテ、ウクライナにてチェルニーゴフフィルハーモニー交響楽団などと共演。そのほか、映像と音楽のコラボレーション企画への参加・出演、ダンスとの即興セッションなど、ジャンルを超えた総合的な活動を目指す。ピアノを菅波多恵子、山田みつ、故神野明の各氏に師事。
      現在、大阪音楽大学演奏員。


      2005年 ソロリサイタル“Reflets〜音のむこうに映るものたち”開催(ベガホール/宝塚市)
      2006年 重松みか氏プロデュースによる日本人オペラシンガーのためのサマープログラムTSP(ニューヨーク)に伴奏ピアニストとして参加。
      2011年 ソロリサイタル“光の音闇の音”開催(ベガホール/宝塚市)、ソロコンサートを音楽工房螢庵(金沢)にて開催。
      2012年 ウクライナ国際マスタークラスに参加、チェルニーゴフ・フィルハーモニー交響楽団と共演。
      2013年 林海象監督、映画『彌勒 MIROKU』公開に伴い、音楽プロデューサー渡辺崇率いるSound on Filmオーケストラのメンバーとして生演奏つき上映の全国巡業に参加。

  • 吉村 朋代(ピアノ)

    • 吉村 朋代

      三重県出身。三重高等学校音楽コースを経て、大阪芸術大学演奏学科ピアノ専攻卒業。
      高校卒業時に理事長賞を受賞。同大学卒業演奏会、第30回読売中部新人演奏会、第46回なにわ芸術祭新進音楽家競演会等に出演。
      ピアノを森加洋子、笠原純子の各氏に、アレクサンダーテクニックをルカス・ロレンツィ氏に師事。
      京阪神を中心に演奏活動を行うほか、自ら演奏会を企画するなど精力的に活動している。
      JSTAT認定アレクサンダーテクニック講師。
      http://blue-moon-piano.tank.jp/


  • 丸山亜希子(ピアノ)

    • 丸山亜希子

      新潟市生まれ。
      新潟県音楽コンクール優秀賞(小学生、中学生、一般、連弾、各部門)、全日本ピアノ教育連盟ピアノオーディション奨励賞及び全国大会入選。大阪芸術大学演奏学科ピアノコース卒業。卒業時、学科長賞受賞。ソロ、伴奏にて読売新人演奏会、関西新人演奏会などに出演。
      同大学研究科を経て渡仏。パリエコールノルマル音楽院にて研鑽を積み、高等ディプロム取得。ナンシーマスタークラスに参加。帰国後、新潟、宮崎、大阪、東京など各地でコンサートを開催。
      現在、大阪を拠点に演奏活動を行うと共に、後進の指導にもあたっている。
      これまで、埜上鏡子、故三浦洋一、松本総一郎、河田鏡子、 Ramzi YASSA、Wolfram Schmitt-Leonardy、Pascal NEMIROVSKIの各師に師事。

  • 釜崎禎(ピアノ)

    • 釜崎禎

      宮崎県出身。
      大阪芸術大学演奏学科ピアノコース卒業。同大学大学院芸術研究科博士前期(修士)課程修了。

      パリエコールノルマル音楽院留学。故フランス・クリダのクラスで研鑽を積み、高等ディプロム取得。

      ナンシーマスタークラス、クロードフランセマスタークラス、パリ国際音楽アカデミーに参加。

      2010年新潟にて帰国記念コンサート
      2011年大阪にてソロリサイタル,ジョイントコンサート
      2012年地元の宮崎県小林市、東京、大阪にてジョイントコンサート
      2013年大阪、宮崎、京都にてジョイントコンサート。

      ウクライナ国際サマーアカデミー・チェルニーゴフフィルハーモニー交響楽団コンチェルトマスタークラス修了。

      ABC新人コンサートオーディション本選出場者によるコンサート”ClassicBank”出演。

      宮崎にて招かれソロリサイタル現在、大阪を拠点に演奏活動を行なっている。




最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional